読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコイン定期預金

Coincheck でビットコインの定期預金サービスが始まったらしい。

預けると14日間で1%、30日間で2%、90日間で3%、1年間で5%の年利がつくらしい。

"年利"だから、 90日間×4やった方が得とかではないよね?

あと、今日Coincheckで1ビットコインが90万円まで跳ね上がった表示になるというバグが起こったらしい。

日経新聞でその定期預金サービスのことが話題になったばかりで注目が集まりやすい時なのにイメージ悪くてもったいない。

良くも悪くも注目されていると思うので、あんまり手を出してなかったけどちょっと買おうかなーどうしようかなーと迷っている。

この件でぐわーっと人が集まって買われた結果高騰してビットコインたくさん持ってる人が売ったらガクッと下がりそうで怖い。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

二項分布の計算と分布図

n=30, x=1~30でp=0.1, p=0.6, p=0.9の3通りについて二項分布を計算し、分布図を作成せよ。

import matplotlib.pyplot as plt
import numpy as np
import pandas as pd
from scipy import stats

n = 30
p1, p2, p3 = 0.1, 0.6, 0.9

x = np.arange(0,n+1)
y1 = pd.Series(stats.binom.pmf(x, n, p1), index=x)
y2 = pd.Series(stats.binom.pmf(x, n, p2), index=x)
y3 = pd.Series(stats.binom.pmf(x, n, p3), index=x)

plt.plot(y1, 'o--', label='q=0.1')
plt.plot(y2, 'D--', label='q=0.6')
plt.plot(y3, '^--', label='q=0.9')
plt.legend(loc='upper center')
plt.xlabel('$x_{i}$')
plt.ylabel('$p (x | N, q)$')
plt.grid()

f:id:g5893:20170502165302p:plain

参考: Pythonで「データ解析のための統計モデリング入門」:第6章

Observableの使いかた

最近Angular2を触る機会がありまして、
その際にServiceで定期的にhttpリクエストをして値が取れたらComponentに反映させるという処理を書きまして、
subscribeというものに初めて出会った訳であります。

とりあえず使い方だけメモしておきます。

@Injectable()
export class Service {
  dataSource = new Subject<any>;
  dataStreams = this.dataSource.asObservable();

  getData {
    this.http.get(url)
        .subscribe((data: any) => {
          // データソースのnextに値を入れる度に
          // ストリームのsubscribeに値が流れる
          this.dataSource.next(data);
        });
  }
}
@Component({ provider: [ Service ] })
export class Component {
  data: any;

  constructor(private service: Service) {
    // データソースのnextに値が入る度に
    // ストリームからのsubscribeに値が流れる
    this.service.dataStream
        .subscribe((data: any) => {
          this.data = data;
        });
  }
}

Androidアプリ間での通信方法例

目的

AndroidアプリAとBがあるとして、
AからBのServiceを起動し、BのServiceでの処理結果をAで受け取るための方法です。

概要

A: BのServiceをintentに指定して投げます。BroadcastReceiverのonReceiveにてintentからExtraを受け取ります。
B: AのBroadcastReceiverをintentに指定して、Serviceの処理結果をputExtraしてbroadcastします。

実装例

Aサイド

AndroidManifest.xml

<manifest package="com.sample.A">
    <receiver
        android:name=".AsampleBroadcastReceiver"
        android:exported="true" />
</manifest>

Aのサービスを起動させる

Intent intent = new Intent();
intent.setClassName("com.sample.B", "com.sample.B.BsampleService");
startService(intent);

Bからのbroadcastを受け取る
AsampleBroadcastReceiver.java

public class AsampleBroadcastReceiver extends BroadcastReceiver {
    @Override
    public void onReceive(Context context, Intent intent) {
        Bundle bundle = intent.getExtras();
        int hoge = bundle.getInt("key"); // キーを指定してint型の値を受け取る
    }
}
Bサイド

AndroidManifest.xml

<manifest package="com.sample.B">
    <service android:name=".BsampleService"
    android:exported="true" />
</manifest>

Aに対してbroadcastする
BsampleService.java

int value = 0;
Intent intent = new Intent();
intent.putExtra("key", value);  // int型の値を入れる
sendBroadcast(intent);

Pythonで超簡単なWebサーバーの立て方

ドキュメントルートにしたいディレクトリへ移動して

$ python -m SimpleHTTPServer ポート番号

でwebサーバーが立ち上がる。

http://localhost:ポート番号

でアクセス可能。

C言語の文字列比較

C言語では「文字列」を扱う変数はない。

「文字」の集合として扱っているため、
文字列を比較する際はループで1文字ずつ比較しなくてはならない。

比較できない例

if (str == "hogehoge"){
    printf("合致!");
}else{
    printf("合致しない...");
}

比較できる例

int compare_string(char str1[255], char str2[255]){
    int i, len = strlen(str1);
    for(i=0;i<len;i++){
        if(str1[i]!=str2[i]) return 0;
    }
    return 1;
}

if (compare_string(str1, "hogehoge")){
    printf("合致!");
}else{
    printf("合致しない...");
}

numpy で 配列の次元数を取得する

メモ: numpy で配列の次元数を取得する

import numpy

A = numpy.array([1, 2, 3])

numpy.ndim(A)
>> 1

A.ndim
>> 1

の2種類ある。